Author Archive

脱毛器を選ぶポイント

家庭用脱毛器の性能が高くなり、予約が入れづらいサロンはやめて、自分で脱毛処理をするという人もいるかもしれません。家庭用脱毛器は家庭で手軽に脱毛効果を得られるため、脱毛サロンと同様に人気が高まりつつあります。 Read the rest of this entry »

脱毛サロンの返金保証について

脱毛サロンの多くには、返金保証というものがあります。 Read the rest of this entry »

脱毛クリームとは

脱毛クリームとは、患部にクリームを塗ることで、毛を溶かして脱毛することができるアイテムです。毛を抜くのではなく、脱毛クリームの場合、毛を溶かして取り除くので、厳密には除毛になります。使い方は簡単で、クリームを除毛したい部分の肌に塗り、数分時間を置いた後、毛が溶けるのを待ちます。その後、除毛が確認できたら、クリームを取り除きます。最後は洗い流すだけなので実に簡単で、時間もそれほどかからず、合理的に脱毛できます。脱毛クリームなら、一本1000円程度で買えるので経済的です。脱毛クリームが人気なのは、カミソリで剃るより、処理後の毛穴が目立ちにくいからです。剃るのと違ってチクチ間がなく、あっという間にスベスベの肌になることができます。ただ、脱毛クリームの効果は、目に見える部分のムダ毛にしか対応できません。脱毛クリームでの除毛は、簡易的処置にしかすぎず、ツルツルにすることはできるのですが、効果は一時的なものです。またすぐに生えてきます。脱毛クリームは、あくまで応急処置的な使用目的でのみ、効果があると言えます。刺激のあるクリームを肌に直接塗るので、やる前には必ずパッチテストが必要です。

白髪や脱色した毛、うぶ毛は脱毛できる?

脱毛を受ける場合、一般的には黒くて目立つムダ毛を処理して欲しい、といったことがほとんどですが、白髪や脱色した毛、うぶ毛の脱毛をしたいと考えている人もいるようです。これらの毛は脱毛ができるのでしょうか。結論から言えば、脱毛はできると言われています。ただ、受けられる場所は限られてくるようです。脱毛サロンで受けられる脱毛方法は、毛のメラニン色素に反応する光を照射する機械を使って行うものです。そのため、メラニン色素が無かったり少なかったりする毛、つまり白髪や脱色した毛、うぶ毛は脱毛することが難しいと言われています。クリニック等で受けることができるレーザー脱毛も同様と言われています。ただ、毛穴に針を指して、それにより毛根を焼いて行う針脱毛の場合は、光を使って行う脱毛と仕組みが違うため、脱毛が可能と言われています。ただ、この脱毛方法の場合、医療行為とされているため、脱毛サロンで受けることはできず、クリニックでのみ受けることができるようになっています。他には、顔のうぶ毛の脱毛に特化した脱毛サロンといったものもあるようで、そのようなところを使えば特定の部位の脱毛ならば脱毛サロンで受けることも出来るようです。

敏感肌でも脱毛できる?

日本人には敏感肌の人が多いと言われており、そのような人の悩みとして、ムダ毛の処理をしたいけど肌への負担が心配、といったものがあると言われています。敏感肌の人でも脱毛を受けることは可能か調べてみました。どの脱毛サロンやクリニックでも敏感肌の人の脱毛は可能なようです。脱毛時には、肌への負担がかからないようにジェルやクリームを塗って脱毛を行うことや、施術後にも肌に潤いを与えて、炎症などを沈めるようなジェル等を塗るようになっているため、敏感な肌の人でも脱毛によるダメージを最小限に抑える事ができるようになっているようです。クリニックで受ける脱毛の場合、医療機関なので、炎症をおさえたり、肌へのトラブルを軽減させたりする薬を使うことができたり、もし問題が起きてもそれを解消するための医療行為を行えるため、脱毛サロンで受ける脱毛よりも安全な脱毛を受けることができると言われています。自分の肌が敏感肌で、色々な刺激に弱いけれども脱毛がしたいという希望を持っている人であれば、より安全な脱毛を受けることが出来る、クリニックでの脱毛を選ぶのが良いでしょう。

毛周期について

脱毛は毎日行えるものではなく、ある程度の時間を置いて繰り返して行う必要があります。これは毛周期に合わせた脱毛を行うため、と言われています。毛周期とはどのようなものなのでしょうか。毛周期とは毛の生え変わるサイクルの事を指しています。人の体毛は、生えてから抜けるまで、だいたい3から4ヶ月のサイクルで生え変わると言われています。毛の中でも量が豊富な髪の毛は、一日に50本程度も抜け落ちると言われています。毛の成長サイクルとして、毛の毛母細胞が分裂を行い、皮膚の下の方で新しい毛が伸びてきます。その後毛細血管から栄養を取り込みながら太くなっていき、表皮の上へ出てきます。その後、毛母細胞が分裂することでどんどん成長していくのですが、ある程度すると分裂が止まると、毛が自体が自然と表皮へ押し上げられて、抜け落ちるようになっています。体毛は全て同じサイクルで伸びるわけではなく、バラバラに伸びているので、脱毛サロンでは毛ごとの毛周期に合わせて脱毛をするため、一度に全部の毛を抜くことができるわけではなく、ある程度期間を置いて脱毛をする必要があるのです。

ワキ脱毛はいつから始めればいいか

ワキ脱毛はいつから始めれば良いのでしょうか。早ければ早いほど苦労が少ないのは事実だと思います。自己処理を繰り返して黒ずみや色素沈着が酷いと、脱毛に使われる光が毛だけでなく肌も焼いてしまう可能性が高いということで施術を断られてしまうこともありますし、物心つく前から施術を受けていればムダ毛に関するストレスを抱えないまま生きていけるということで親御さんが積極的に我が子に脱毛施術を受けさせたいと思うケースが増えてきているようです。特に痛みのないハイパースキン脱毛に関しては赤ちゃんの頃から施術が受けられるというのが売りになっています。それ以外でも動かずに施術を受けられる年齢ならばOKとしているところもありますね。ただいずれにしろ未成年の内はまだ体が完成されていないものですから、施術を受けたのにワキ毛が生えてきてしまったり、施術完了までに時間がかかるかもしれないという危惧は付きまといます。こればかりは個人の考え方によるところが大きいですが、私個人としてはあまりに早いワキ脱毛には否定的な考えをもっています。

わきの黒ずみ・色素沈着を脱毛で綺麗に

ワキの黒ずみ、色素沈着をエステなどの脱毛施術で綺麗にすることができると知っていましたか。もちろん即効性があるわけではないのですが、脱毛施術によって気になる黒ずみや色素沈着を綺麗にできるのなら正に一石二鳥ですね。ワキの黒ずみや色素沈着の原因は、主に毛穴の汚れと刺激です。そしてこれらを招くのが繰り返される自己処理である可能性は非常に高いといいます。特に毛抜きで抜く処理をしている場合、毛穴が塞がって毛が外に出れなくなる埋もれ毛という症状や、ポツポツと毛穴が隆起して悪目立ちしやすくなります。そこに汚れが溜まれば黒ずみが発生してもおかしくありません。また色素沈着はメラニン色素によって引き起こされるものなのですが、これは実は私たちの体の防衛反応のひとつなのです。肌は刺激を受けるとその刺激から身を守ろうとしてメラニン色素を生成します。メラニン色素は黒っぽい色を作るものなので、メラニン色素が多いところは自然と黒っぽくなるのです。ワキは衣服と擦れるなどただでさえ刺激の多い部位ですが、ここに自己処理の刺激が加わることによってさらにメラニン色素が増えてしまうというわけですね。そこで脱毛処理を施して自己処理の必要がなくなれば、このような問題は徐々に解消していくのです。

レーザーのわき脱毛のデメリット

レーザーのわき脱毛のデメリットとしては一番に費用の高さが挙げられるのではないでしょうか。レーザー脱毛を扱っているのはクリニックなどの医療機関のみです。何故ならレーザーの取り扱いは医師とその指示のもと動く看護師にしか許されていないからです。そしてレーザー脱毛は保険が適用されないので費用が高くなるのですね。以前よりかなり安くなってきたとはいえ、やはり脱毛エステが展開する光脱毛のプランと比べるとその差は歴然です。また産毛や色の薄い毛には効果が出にくいこともデメリットのひとつでしょう。レーザーで脱毛が出来る仕組みは、毛のもつ黒い色素であるメラニンにレーザー光が反応して熱を発することで毛を作るもとである毛母細胞や毛乳頭を破壊するというものです。産毛や色の薄い毛にはメラニン色素が少なく、そのためレーザー光が上手く反応しないことがあるのですね。その関係で日焼けをしてしまうと、その度合いにもよりますがレーザー脱毛を受けられない場合があります。日焼けというのは日光に含まれる紫外線から身を守ろうとした肌がメラニン色素を放出するために起こる現象です。日焼けをすると肌が黒っぽくなるのはそのせいなのですね。そしてレーザー光が肌に含まれるメラニン色素に反応して熱をもってしまうと危険なのです。