Author Archive

家庭用脱毛器は、カートリッジュまで考慮して。

最近では自宅で脱毛機器を使う方が増えています。ごく簡単に手に入るのもその魅力です。その場合カートリッジ式光脱毛が多いのですが、そのカートリッジは消耗品ですので、どれだけ使う事ができるのかは商品で違います。カートリッジの値段や、1つのカートリッジでどれくらい使えるのかは最初に確認して購入するべきです。そうでないと大変高額になる恐れがあります。 Read the rest of this entry »

お得な脱毛は、賢くキャンペーン利用

最近では自宅で脱毛機器を使う方が増えています。ごく簡単に手に入るのもその魅力です。その場合カートリッジ式光脱毛が多いのですが、そのカートリッジは消耗品ですので、どれだけ使う事ができるのかは商品で違います。カートリッジの値段や、1つのカートリッジでどれくらい使えるのかは最初に確認して購入するべきです。そうでないと大変高額になる恐れがあります。 Read the rest of this entry »

もしもツルツルの脚になりたかったら?

もしもあなたがツルツルの脚になりたかったら?サロンに行く際は料金設定がわかりやすくシンプルなところがいいでしょう。何回施術したら完了か、契約していた回数が終わってもまだ回数を足して施術してほしいときはいくらかかるのかなど、契約前に確認しておいてください。 Read the rest of this entry »

特に悩んでしまうお肌のお手入れにも注力

最近、脱毛サロンの特集や脱毛にあたっての注意点が載っている雑誌を読みました。それによると、生理中は皮膚が刺激を受けやすいので、脱毛サロンへ行く場合は生理の期間を避けた方が良いと書いてありました。来週、永久脱毛のモニターとして脱毛サロンへ行くので読んでおいてよかったと思いました。 Read the rest of this entry »

アプリで簡単、無駄毛処理の予約

先日、脱毛サロンの特集や脱毛時の注意点がを取り上げている記事を読みました。それには初めて知る情報が載っていました。月経中は、皮膚が刺激を受けやすくなるので、脱毛サロンへ出かける際は避けた方が良いそうです。脱毛の広告はよく目にしますが、こういった情報は知らなかったので目からうろこでした。来週、脱毛サロンで永久脱毛のモニターをするので、良いタイミングで記事を読めてよかったです。 Read the rest of this entry »

女性の気持ちに全力できちんと寄り添う

カウンセリングは無料、料金設定は今ならWEB限定で良心的、かつ予約はスマホアプリで簡単です。これなら多くを心配せずにお手入れが始められますよね。あなたにぴったりのお手入れを相談されてみてはいかがですか? Read the rest of this entry »

専用のミルキーローションで「モチモチ肌」に

優しく丁寧。それがプロの、脱毛サロンやエステ、脱毛クリニックの施術です。自分での処理ではそうはいきません。面倒くさいし、そもそもアフターケアなんてしない方が多いのではないでしょうか?この施術は億劫な毛の処理だけではなく、一番悩みが多いスキンケアにもきちんと対応します。ジェルから塗って、その後に光を当てるお手入れで、最後にはプラセンタの入った専用のミルキーローションで「モチモチ肌」に変わります。 Read the rest of this entry »

一押しするムダ毛処理の手法

脱毛っていくらくらいかかって、どれくらい時間のかかるものなんでしょう。まずブルーデイには、皮膚が敏感になっているので、脱毛サロンへ行くのは生理中は避けた方が良いそうです。そういった理由でスケジューリングしても、予定外の長い期間かかったりもします。でも常識的な全身脱毛では2~3年の期間で合わせて12~18回くらいの回数がおよその目安です。 Read the rest of this entry »

色々な方が気軽にお手入れをご体験頂けます。

時間がかからない、痛みも少し何か感じるかな程度。それがプロの施術、それがS.S.C.式です。

ピンセットや除毛クリームで今まで苦労して手間とお金をかけて自己流ケアをしてきた方が多いと思います。でもこの施術で綺麗になった後の綺麗な肌を体験したら、もう絶対に自分で処理しようなんて思わないですよ。 Read the rest of this entry »

ストレスなく気になる無駄毛の処理が出来るキャンペーン

S.S.C.式という最新のプロの施術をご紹介します。まさしく短時間で綺麗の近道です。カミソリや毛抜きでこれまで何年も面倒に思いながら、自ら処理をしていた方は、一度でもこの施術を体験して効果を見たら、今までの自分を絶対に後悔しますよ。 Read the rest of this entry »