人を信じるのは難しい

ごさいぎょうってどう書くのか分からないですけど、怖いですよね。
ああいうのにはつかまりたくはないといつも思っています。
自分がモテる気配のない人間だったら、いっその事、孤独に最期を迎えた方がいいでしょう。
異性だけが人生ではありません。

金は貯めれば何とか生活には困らないとは断言出来ますし、色々な人との出会いを、まだ渇望している自分としては、そういう風にして、人と会うツールとしての技術を覚えておきたいと思うところです。
本当に生活そのものは困ってないなと自分でも思います。

詐欺とか、不景気な時代に人の金を笑顔で食い物にするゲスな奴なんてうなるほどいますから、親切そうな顔で近付いてくる人ほど、用心して下さいね。
自分はいいとこのぼんぼんみたいに見えるらしく、よく詐欺にあっています。
あんなのに渡すのなら、赤十字とか、福祉団体や、老人ホームの金を残しておいて、後は、渡してしまった方がいいとつくづく思いますよ。
なんて考えつつ、そういえば自分で孤独に生きていて、いきなり孤独死なり、病気で救急車呼べない場合ってどうするんだろって思いました。
年々、親は頼れないと思っています。

一人の場合、一体誰に助けを呼ぶのか、さっぱりですな。
ああ、やだね、今本当に人を信じる事が出来ない時代だと思いますわ。
やっぱり出会いがないと。相手見つけないとね。
ラヴォーグ予約したので、身体のケアがんばろうっと。