光エステで使っている光によるダメージリスクは?

人気の光エステの種類とメリットについて

レーザーを照射して肌を美しくする美容施術はエステサロンではできませんが、レーザーより弱い光を用いたフェイシャル施術は可能です。

光エステで使っている光は、太陽の光と同様目に見える光だけですので、照射することで肌にダメージを与えるリスクがほとんどありません。

光エステの種類にはいくつかあり、ダイエット用、美肌用、脱毛用などがあります。光を照射してダイエット効果を促進したいという場合は、パットで光を当てたくない場所を遮断します。特殊な光をお肌にあてることで、脂肪細胞を壊したり、体の外に出ていくように促して、体重を減らしていきます。

光エステで、脂肪細胞に打撃を与え、脂肪を老廃物にして体から排除することは、痩身に役立ちます。光を使ってお肌をきけいにするには、波長が短い特別な光を、肌を美しくしたい部分に対して照射していきます。美肌のために光エステを行う場合、シワやシミ、にきび跡に特殊な光を照射して美肌効果を得ます。

ターンオーバーの不調や間違ったスキンケアによってできてしまったメラニンに反応して、ほかの部分は傷つけることなく、メラニンだけを破壊します。お肌の保湿や、保水を維持するためのコラーゲンや、ヒアルロン酸の増加を促すことができれはば、光エステは肌をきれいにしてくれる美容施術です。

■ ケノン ヒゲ 痛さ

新たなムダ毛をつくるための毛根が、もうムダ毛を再生させることがないように、毛穴の部分に光をあてて細胞に熱を集め、細胞を破壊するという脱毛が、エステの光脱毛です。エステで光を用いた美容施術は、様々なものがありますので、自分にとってどの施術が必要なのかをじっくり検討することが重要になります。