脱毛クリームの特徴と注意点

ドラッグストアなどで購入することができる脱毛剤のうち、人気があり販売数が多いものが脱毛クリームです。

脱毛クリームは手軽に安い価各で購入することができて、痛みもないので、軽い気持ちで試すことができる脱毛剤です。

脱毛クリームはアルカリ性で、市販のものだと特殊な化学反応により毛を溶かすことで、脱毛処理をするものです。

脱毛剤がクリーム状になっているのでそれを皮膚に塗ってしばらく放置します。その後で洗い流すか、ふき取るなどしてムダ毛を処理します。

脱毛するときに、皮膚から露出している毛を溶かしてしまうのが特長といえるでしょう。

脱毛クリームはある意味では「脱毛剤」ではなく「除毛剤」の部類に入ります。なぜなら、毛根までは処理できないからです。しかし、数は少ないですが、完全脱毛クリームという毛根まで溶かすタイプの商品も売られているようです。

脱毛クリームを使用して溶かした毛は溶け切れて、色々な方向を向いた状態になっています。この場合、注意が必要です。皮膚から出てこないまま伸びる「埋没毛」になってしまう等の危険性があるからです。

脱毛クリームは「毛」だけを溶かすものですが、そうはいっても皮膚にもかなり負担がかかります。肌の弱い人、敏感肌の人は気をつける必要があります。かぶれや炎症を引き起こす危険性があるからです。

脱毛剤を初めて使用する際は、自分の肌質に合うかどうか、まず目立たない部分でテストをしてみてから使いはじめましょう。

そんなの面倒くさい!という方は脱毛サロンがおすすめです。新しくOPENしたミュゼ 直方はまだ予約が取りやすいようですよ。