医療脱毛時にピルを服用しているケース

医療脱毛は強力な医療レーザーによる脱毛効果が確実な分、お肌への刺激も強い傾向にあります。
そのため、状況によっては脱毛施術が受けられないケースもあるようです。
例えば、避妊薬のピルを服用しているケースでは、副作用のリスクが高まる可能性もあるといわれています。
もし、ピルを服用していても特に医療脱毛が認められていないということはありませんが、色素沈着が起こりやすいという危険があることも否定できません。
しかしながら、確率的に見ればそれほど高いわけではないので、気にしなくてもいいでしょう。
万が一、不安を感じた場合にはカウンセリングの時に問い合わせしてください。
高い技術で確実な永久脱毛ができると評判なのが湘南美容外科クリニックです。
医療レーザー脱毛で永久脱毛をするなら湘南美容外科クリニックが全国的にはメジャーな存在といえるでしょう。
もちろん専門医のカウンセリングと診断のもとに脱毛するので、アフターケアも万全です。
湘南美容外科クリニックの場合、事前に専門医にメールで相談することもできるので便利です。
湘南美容外科クリニックの永久脱毛を八王子でと考えている方には、立川院か橋本院が最寄り院になります。