レーザーのわき脱毛のデメリット

レーザーのわき脱毛のデメリットとしては一番に費用の高さが挙げられるのではないでしょうか。レーザー脱毛を扱っているのはクリニックなどの医療機関のみです。何故ならレーザーの取り扱いは医師とその指示のもと動く看護師にしか許されていないからです。そしてレーザー脱毛は保険が適用されないので費用が高くなるのですね。以前よりかなり安くなってきたとはいえ、やはり脱毛エステが展開する光脱毛のプランと比べるとその差は歴然です。また産毛や色の薄い毛には効果が出にくいこともデメリットのひとつでしょう。レーザーで脱毛が出来る仕組みは、毛のもつ黒い色素であるメラニンにレーザー光が反応して熱を発することで毛を作るもとである毛母細胞や毛乳頭を破壊するというものです。産毛や色の薄い毛にはメラニン色素が少なく、そのためレーザー光が上手く反応しないことがあるのですね。その関係で日焼けをしてしまうと、その度合いにもよりますがレーザー脱毛を受けられない場合があります。日焼けというのは日光に含まれる紫外線から身を守ろうとした肌がメラニン色素を放出するために起こる現象です。日焼けをすると肌が黒っぽくなるのはそのせいなのですね。そしてレーザー光が肌に含まれるメラニン色素に反応して熱をもってしまうと危険なのです。